UNECE WP.29対応状況分析

UNECE WP.29対応状況分析

SELECT LANGUAGE 

サイバーセキュリティリスクおよび緩和策評価ツール

 

CSMS(サイバーセキュリティ管理システム)の新しいUNECE WP.29規制R155は、UNECEの自動車規制調和世界フォーラムで採用されました。

 

OEMおよび自動車サプライヤーがコネクテッドカーに関連するリスクを理解および評価するのを支援するために、規制は(付録5)7種類のサイバー脅威および脆弱性による69種類の攻撃ルートをリストしています。これらのリスク管理を支援するために、規制は、これらの脅威から車両とそのコンポーネントを保護する可能性のある、23のサイバーセキュリティ緩和策も提供しています。

 

この無料のツールで評価をする事により、リスク評価に基づいて各製品の弱点をよりよく理解し、WP.29規制の緩和策で要求されていることに相関的に関連付けることができます。アップストリームの対応状況分析により、規制遵守に関する現状を把握し、さらに注意が必要な領域の概要をすばやく確認することができます。

 

こちらから