Threat Analysis and Risk Assessment | ISO/SAE 21434 and WP.29 CSMS

TEAM UPSTREAM

For WP.29, as part of the CSMS requirement, it’s required to apply TARA throughout the vehicle lifecycle. When you build a vehicle, you need to apply TARA on the critical vehicle components and as a result of this TARA, you need to apply mitigation inside the vehicle.

But, you also need to emit logs, that will later be used in the post-production detection system, and, you also need to secure the supply chain.

In post-production, you need to leverage these logs and additional logs, to apply post-production detection.

And, over the entire lifecycle of the vehicle, you need to have a process to assess risk, categorize risk, and apply risk treatment decisions, as part of your TARA process.

WP.29 also provides a specific list of threats in Annex Five of the regulation, that actually outlines a comprehensive list of attacks that cover many of the interfaces of the vehicle.

This list of attacks is used as a baseline for securing the vehicle, both in development and in post-production.

 

Newsletter Icon

Subscribe
to our newsletter

Sign up to receive updates delivered to your inbox

スマート・モビリティにおけるAPIの保護

UpstreamのAPIセキュリティおよび監視ソリューションは、自動車とサイバーの専門知識とコネクテッドカーの運転状態を階層化して、脆弱性、攻撃、構

More Details

パートナーアプローチにより効果的なVSOCの構築ができます

当社のVSOCは、サイバーセキュリティ管理システム(CSMS)の重要なコンポーネントです。VSOCをお客様自身で社内で管理する場合でも、弊社や導入パート

More Details

アップストリームプラットフォームとは

アップストリームプラットフォームは、コネクテッドカー向けのサイバーセキュリティおよびデータ管理プラットフォームです。これは、モビリテ

More Details

アップストリーム・プラットフォームはWP.29 & ISO/SAE 21434 準拠にどのように役立ちますか?

当社の高度なエージェントレス・サイバーセキュリティ・ソリューションは、既存のテレマティクス・データストリームに基づいてクラウド上に構

More Details

ビデオ(視聴時間40分):自動車とスマートモビリティのAPIを保護する

OEM やスマートモビリティ・ベンダーが高度な API セキュリティ保護を実装しているにもかかわらず、自動車エコシステム全体では API を利用した攻撃

More Details

Monitoring and Protecting Smart Mobility Services & Applications

Monitoring and Protecting Smart Mobility Services & Applications

More Details